他地区の方々との交流(7/23)

ただ今帰ってきました。
今日は地元に隣接する地区の有志の方々との交流会に参加しました。

5人の集まりでしたが、実りある会合だったと思います。
選挙以来の顔合わせでしたが皆さんと楽しく過ごさせていただきました。
地元自治会の改革のお話はとても興味深く聞かせていただきました。
中でも、
「なかなか出来ない改革は自分の自治会長の時にやるべきだ」との信念により実行され、
7人の方から「よくぞやってくれた」といわれ、
4人の方からは匿名で痛烈な批判をされたことをお聞きして感銘致しました。

今、自分が市議会議員として活動させていただいている状況の中で
『自分の信念』について改めて考える必要があるように感じました。

また、支援して戴いた方々との交流について「どうあるべきか」も併せて
考える必要を感じました。

自分の思いをあるいは皆さんの思いを市政に反映することの他に
支援して戴いた方々との接点の持ち方、行動すること、一方通行にならない方法
一番身近な方々のことを常に念頭に置ける活動の大切さ。
後援会組織も含めて考えてみたいと思います。

何とか今月中に後援会広報誌の発行をと思っていますが、
配布の方法にもつながることですのでじっくり考えるつもりです。

今日の結論は『自分が動かないと、ことは始まらない』ことの再認識です。

人気ブログランキングへ 
人気ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックして、応援して下さい。

by kangaeru_230 | 2011-07-23 22:29 | 活動報告
<< 道路改良整備促進期成同盟会の総... 地域活性化に向けての一つの取り... >>