市議会議員と美濃地区自治会長との懇談会(8/22)

8月22日市議会議員と自治会長との懇談会(美濃地区)がありました。
今までにはなかった初めての試みで、連合自治会の発案で実現しました。
連合自治会からは、会長と副会長3名(美濃地区自治会長2名含む)
美濃地区  自治会長 18名(28名)
洲原地区  自治会長 3名(5名) 地域ふれあいセンター長1名
中有知地区 自治会長 5名(6名) 地域ふれあいセンター長1名
美濃市議会議員    13名(自治会長兼務1名)
議会事務局      2名
総務課        1名      合計45名の出席がありました。

各自簡単な自己紹介(地域と氏名程度)のあと、
議会事務局から議会制度についてパワーポイントを使った説明がありました。
議会では議案を事件と呼ぶことについて確認があり、
これで雰囲気が少し和やかな感じになりました。

この後自由討議に入り7名の自治会長さんから14件のご意見を戴き、
議会あるいは議員として、どのように対応するかが今後の課題であると思いました。
中でも
『選挙時に公約を掲げて当選した市議として、その活動の状況や経過について
何をどう努力しているのかを報告すべき義務がある』

というご意見には、全くその通りであり、実施すべき事と思いました。
また、特別委員会を設けて協議を重ねることにより、
市民の思いを条例制定で反映できるような議員活動が必要であると思いました。

会の終わりには、各新人議員の思いと言うことで発言の時間を戴きました。
私は、自治会長の皆様方と面識が出来たことで、
色々なお話しを聞かせて戴ける機会がより身近になりました。
市民の皆様方の思いを市政に反映できるよう努力する 旨をお話しさせて戴きました。

これから2回実施される上牧・下牧地区、大矢田・藍見地区でも
活発な懇談が行われることを期待したいです。

人気ブログランキングへ 
人気ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックして、応援して下さい。

by kangaeru_230 | 2011-08-23 08:42 | 活動報告
<< 地方議員の自治体財政チェック法... 多忙な一週間の始まり(8/22) >>