市議会議員と自治会長との懇談会(11/7)

8月に開催された「市議会議員と自治会長との懇談会」について、
自治会長さんに対して実施したアンケートの集計結果を戴きました。
アンケートの内容には触れていないので詳細は分かりませんが、
今回実施の懇談会を終わって2回目以降の開催について問われた結果のようです。

全自治会長66名に対し、自治会名を記した結果として報告戴きました。
『今年度中の懇談会(2回目)の開催について』
希望する    31件
希望しない   29件
・どちらでもない  4件
・無回答      2件

「希望する」の内
・行政側同席希望  2件

「希望しない」又は「どちらでもない」の内
・年1回でよい   4件
・行政側同席希望  7件           

この他に各自治会長さんの意見欄もあり、賛否のコメントも記載されていました。
議員との懇談会であることの主旨が理解されていないと思われるコメントが多くあるように感じました。事前にこの点の相互理解を得るための努力が足りなかったように思います。
「議員の仕事が何であるか」を事務局から説明して戴いたのですが、
懇談会では行政に対しての要望・意見が多く、今後の行政側同席希望に繋がったようです。

議員の対応もスタンスに一貫性を欠き、これから取り組もうとしている「議員基本条例」制定に向けて、考える機会を頂いたことになったと思います。

地元の自治会長さんは希望しない方がほとんどを占め、どちらでもない方が一人でした。
自治会長さんの役割は、ある部分で議員と相通ずる点もあると考えますので、
議員は、自治会長さんとどんどん対話・会話する機会を多く持つことで、
市民の側に目線を置いた行政という命題により近づけると思っている自分には
少し残念な「希望しない29件」でしたが、
「希望する 31件」を励みに対話活動をすすめていきたいと思います。
市民目線の行政を目指して・・・・
人気ブログランキングに参加しています。バナーをクリックして、応援して下さい。
人気ブログランキングへ 
by kangaeru_230 | 2011-11-07 22:23 | 活動報告
<< ゆっくり話せる喜び(11/8) 地域の行事(11/6) >>