早田クラブ創部40周年記念(11/27)

27日(日曜日)岐阜市の学童野球チーム「早田クラブ」創部40周年記念事業がありました。
私にとって上牧クラブ時代からのお付き合いで、今回の記念事業にご招待を戴きました。
昼間は、岐阜市内14会場で37チームが参加し、各3チームによる巴戦で親善を深め、
夜はホテルグランベール岐山で200余名の参加の下、記念式典及び懇親会が盛大に催されました。
現在の監督増岡氏は26年の長きにわたり、地元早田校下の子供達に野球の指導を続けられており、この間の試合数は3400にもなるそうです。息子さんの加入がきっかけで家業を続けながらのボランティアでのご指導には心より敬意を表しますし、支えてこられた奥様はじめご家族にも感謝申し上げます。私も幾度もお伺いさせて戴きいろいろなご指導を戴きました。
早田クラブとの思いでは、岐阜県学童大会の準々決勝戦と第4回マクドナルドカップ岐阜県大会の決勝戦、何れも特別延長戦で勝利し、上牧クラブが最高成績を収めた2000年が印象に残っています。

夜の懇親会場では、私もお付き合い戴いている県内各地の指導者も多数参加しておられ、久しぶりに楽しいひとときを過ごすことができました。
今夏甲子園に初出場した関商工の北川監督さんもゲストとして参加されており、同じテーブルでお話を聞かせて戴くこともできました。
また、かつての勤務先の後輩と偶然の出会いもあり、彼が新入社員の時、私が教育担当であったことなど懐かしく語り、来年はコーチを任されたという彼に、私の懇意にしている県内各地の監督を紹介するという嬉しいハプニングもありました。来年の三里チームがんばれ!

昼間の試合では、美濃市から6年生の合同チームとして参加しましたが、私が一日監督をさせて戴き4年ぶりに現場で指揮を執りました。
90分の2試合でしたが、14名の選手を各試合で全て使い切って「楽しい一日・思い出の一日」を目標に采配しました。1試合目は長良西チームでしたが、3点リードされた最終回に粘りで追いつき最後は押し出し四球でサヨナラ勝ちという結果、2試合目は地元茜部チームと対戦しノーアウト満塁をワイルドピッチの1点だけの失点で切り抜けるなど守りを頑張りましたが惜しくも2対0で敗れました。
応援にきて戴いた父兄からは、小学生最後の試合を大勢の仲間と楽しくプレーできて良かったとの評価を戴き、私も久しぶりのユニフォームで過ごした一日を充実して過ごすことができました。みんなありがとう!

少子化でチーム維持にも苦労が絶えない少年野球ですが、これだけ大きな記念式典を実行できるパワーに、歴史の重みと子供に対する親の愛情を感じずにはいられませんでした。
美濃市では、26日に今年度を締める納会を開催しましたが、来年度は1チームが減るという現実を受け止め、少子化対策と青少年育成は、今後避けることのできない大きな課題であることを重く感じました。

また一つ活動の目標を戴きました。
人気ブログランキングに参加しています。バナーをクリックして、応援して下さい。
人気ブログランキングへ 
by kangaeru_230 | 2011-11-28 10:21 | その他 | Comments(0)
<< 平成23年第6回美濃市議会定例... 市議会定例会一般質問の準備(1... >>