安全祈願祭と起工式(12/22)

(仮称)美濃市火葬場建設工事の安全祈願祭(地鎮祭)と起工式が挙行されました。
現在ある火葬場の一部を取り壊し、隣接して造成された土地に鉄筋コンクリート造2階建、延べ床面積660.02㎡を建設し、その後現在の建物を撤去する、総工費4億2千万円で来年10月末に完成予定というものです。

先の12月定例議会で、契約締結の承認が行われ、この式典を迎えました。
市長はじめ市の幹部職員、議長以下の市議会議員、地元及び各連合自治会長、設計監理会社、本体工事、電気設備工事、機械設備工事、火葬炉設備工事を請け負われた建設関係者等多数が参列して、厳粛な中盛大に行われました。安全祈願祭の様子です。
b0226723_839420.jpg

市長が刈初(かりそめ)、議長が鍬入(くわいれ)、設計事務所が鋤入(すきいれ)、建設業者が杭を打ち込む穿初(うがちぞめ)の順で「エイ・エイ・エイ」と盛砂に三度打ち込む作業や二礼、二拍手、一礼で玉串を神壇に捧げるなど工事の務時間制を祈願しました。
引き続いて、起工式が行われ、石川市長が挨拶されました。
b0226723_9161146.jpg

昭和45年に建設されて以来40年余り使用された建物ですから、老朽化が著しく市民の要望も多くあった念願の事業です。
人の一生の中で、避けて通ることのできない終焉の場所に相応しい建物になるように期待したいところです。
完成予想パースです。
b0226723_9193328.jpg

人気ブログランキングに参加しています。人気ブログランキングへ←バナーをクリックして、応援して下さい。
by kangaeru_230 | 2011-12-23 09:19 | 活動報告 | Comments(0)
<< 消防団年末夜警巡視(12/26) 美濃市農業振興地域整備促進協議... >>