消防団年末夜警巡視(12/26)

午後9時に美濃市消防団年末夜警巡視がありました。
上牧地区は、紙のふるさとふれあいセンターに上牧5分団が集結し、団長・副団長以下、部長、団員のほか自治会長さんと私達地区選出の市議会議員3名が参加しました。

私は、予定時刻の9時より20分前に現場に出かけました。家は近いのですが、とても歩いて行く気にはなれず、車の力を借りることにしました。

既に消防関係の皆さんは集合して、発電機を回し照明を確保したり、巡視を迎える準備をしてみえました。
12月定例会で質問した発電機に関わることもあって、地区内各分団にエンジン発電機と投光器が地域づくりの一環として配備されていることを改めて確認できました。
産業祭で体験したカセット用ガスボンベ利用の発電機よりエンジン音が大きく、使用可能時間もほぼ同等の2時間程度なら、カセット対応の発電機は利便性が高いと感じました。

まもなく到着の連絡が入り、コートを脱いで整列し、団員への巡視・激励に立ち会いました。
巡視は約10分で終了しました。

夜警は、各部が順番に地区内を消防車の鐘を鳴らしながら巡回し、火の用心を呼びかけます。
まさに年末の風物詩です。
昨日からの雪があって、底冷えする寒さの中本当にご苦労様です。

27日も引き続き巡視があり、市長以下議長や県議、警察関係、消防関係の方々も大変と思い
ますが、現場で巡視してみえる消防団員が少しでも元気が出るように温かい励ましをお願いしたいと思います。
勿論私も巡視に参加しお役に立ちたいと考えます。
もうすぐ一年が終わります。
『終わりよければ、全てよし』のことわざのように無事にあと数日が過ごせることを念じます。
人気ブログランキングに参加しています。人気ブログランキングへ←バナーをクリックして、応援して下さい。
by kangaeru_230 | 2011-12-27 09:41 | 活動報告
<< 年末のご挨拶(12/27) 安全祈願祭と起工式(12/22) >>