平成23年度「自治体予算を考える」(1/27)

先週に引き続いて滋賀県大津市の全国市町村国際文化研究所に来ました。

昨夜からの雪を心配していつもより1時間半早い7時に出発しましたが、順調すぎて10時前に到着し、11時からの受付を1時間も前倒しして戴いて早速入寮しました。

今回は、昨年8月に申し込みした講義の再開催で、前回抽選に外れた方のみの参加だそうです。まだ、名簿配布がないので判りませんが60名程度と思います。

事前アンケートでは、
①あなたの所属する議会で、予算の審査にあたって、審査を効果的に進めるために議会として工夫していることがあれば記入して下さい。

②あなたの市において、市民に対して予算編成状況や財政状況の説明するためにどのような工夫をしておられますか。議会だけでなく執行部で行っている工夫も含めて記入下さい。

③あなたの市において、予算編成や財政状況で問題や課題となっていることがあれば記入下さい。

④政府が進めている地域主権改革や地方分権改革の自治体財政への影響について、懸念していることがあれば、記入下さい。  でした。

持参すべき参考資料は、直近の決算カードと健全化判断比率公表資料なので、美濃市における平成21年度財政状況等一覧表・財政比較分析表・決算カードを用意してきました。

先週も使用した資料なので、今回は理解度が期待できると思っていますが・・・。

3月定例会では、新年度予算審議が重要案件であり、この時期に予算についての考え方が学べることは、タイムリーであり、審議に生かせるようなポイントを学びたいと思います。

今回パソコン持参ですので、今夜には講義状況等をアップしたいと思います。
b0226723_11112671.jpg
 
-全国市町村国際文化研究所 513号室より発信-
人気ブログランキングに参加しています。人気ブログランキングへ←バナーをクリックして、応援して下さい。
by kangaeru_230 | 2012-01-27 11:01 | 活動報告 | Comments(0)
<< 自治体予算を考える-第1日(1... 美濃市民球場改修工事(1/25) >>