フル活動(1/30)

タイトな一日でした。
① 9:00 観光課にて課長から事業概要の説明を受ける
    ※「よしもと住みます『美濃・うだつと和紙のお笑い村』事業」
     よしもと芸人を美濃市知名度アップと観光集客を目的に市内に3ヶ月住まわせて、
     各種イベント等に参加してもらう事業で、市民参加のプロジェクトチームで企画・
     運営する事業の説明でした。
     有効に活動してもらえる企画と内容評価できる目的設定をお願いしました。

② 9:50 議会事務局で地元選出議員と打合せ。

③10:30 美濃市乳幼児家庭教育学級(たんぽぽ学級)の学習会「行政との意見交換会」
     にオブザーバとして参加させて戴きました。
     ※若いお母さん達の想いを聞かせて戴きました。ここでは、また、今までにない
      目線を教えて戴きました。
      市内商店街に授乳施設が無いことや公園の遊具に「危険使えない」と表示した
      まま一年以上経過していること、公園ができても調整池であるために幼児に
      とって危険な箇所が配慮されていないこと、地区内に公園がないなど見直しが
      必要な情報をお聞きしました。
      →夕方になりましたが、調整池にできた公園は現場確認してきました

④13:00 友人のN氏と和紙の里会館でお茶しながら近況報告。
     ※愛知県から見えていた老夫婦が一言。景色も桜並木もとても気持ちが休まる
      ので時々この地を訪れているが、和紙の里会館には入館しない。
      お土産買うだけでも入館料が必要だなんて・・・。
      こんな話しをしていると岐阜ナンバーの車が止まり、ご婦人連れが4名降り
      られ玄関へ向かうが直ぐに車に乗り込んで去って行かれた。
      「えっ!500円も入館料がいるの?」って感じでした。受付の方にお伺いす
      ると来場者の1割ぐらいがこうして帰られるそうです。
      菜花の里ように、入館料は必要だが、チケットが金券になっており館内で
      買い物に使えるなどのアイデアも必要だと思いました。

⑤15:00 総合政策課で打合せ。
     ※以前お願いしてあった資料を戴き、今後の美濃市の交通システムについて
      担当者と意見交換。実現にはいろいろクリアーしなければならない問題が
      山積だが、自分も含めて今後に生かされ利用される交通を第一に更なる検討
      をつづけていきたい。

⑥16:30 朝の会議で聞いた公園を現場視察。
b0226723_984384.jpg

     調整容量が必要なのは理解できるが、勾配を緩くするなど公園としての機能も
     考慮されていると良い。
     また、排水勾配がとってある平地も排水塔がある低い位置に遊具類が設置され
     ていたり、排水路に面したフェンスにも隙間からの幼児墜落防止などが配慮さ
     れていないように感じました。

⑦17:00 近くまで来たので、教育委員会へ顔出し。
     ※市民球場の落成記念行事について、学童野球の関わりを意見交換。

色々なことを感じ、考えることの多かった一日でしたが、今自分達ができることを一つずつ取り組んでいこうと強く誓った一日でした。結構疲れました。



人気ブログランキングに参加しています。人気ブログランキングへ←バナーをクリックして、応援して下さい。
by kangaeru_230 | 2012-01-31 09:16 | 活動報告
<< グループホームみのがみの杜(1... 自治体予算を考える第2日(1/28) >>