グループホームみのがみの杜(1/31)

高校の同級生から1通の手紙が届きました。
東京在住ですが美濃市片知の出身N君からでした。

私の地元上野に今春オープンするグループホーム「みのがみの杜」についての協力をクラスメートにお願いする手紙でした。

地元にできる初めての認知症対応型グループホームということで、昨年から地元説明会にも参加しており、また、議員になってからも起工式の招待を受けたりとそれなりに関わりを持ってきましたが、こうして改めて協力依頼の手紙をもらうとできる限りの応援をしたいと強く思いました。
b0226723_23423915.jpg
b0226723_2343993.jpg

幼なじみの3人が理事長、理事、建設業者とそれぞれの経験を生かした役割分担で地域への恩返しと位置付けて立ち上げた事業でN君は理事で参画しています。

3月には新築オープンの予定で工事は急ピッチで進んでいます。

現場を見せてもらいましたが、部屋も廊下も全て畳敷きで部屋も広く入居される方に十分配慮した施設であることを実感しました。

これからの福祉行政を考えていく上でも、この施設の運営などから学ぶ事は多いと思いますので、温かな目で見守っていきたいと思います。
人気ブログランキングに参加しています。人気ブログランキングへ←バナーをクリックして、応援して下さい。
by kangaeru_230 | 2012-02-01 00:01 | その他
<< 「くらしの記憶と衣食住」(2/3) フル活動(1/30) >>