平成24年第2回美濃市議会定例会(第1回)一般質問(3/14)

定例会(第1回)で、一般質問二点を行いました。

1.市営駐車場を有料化できないか
  ①目の字地区における駐車場の現状をどのように捉えているか
  ②過去の一般質問で、駐車場の有料化を検討すると答弁されているが、その後の経緯はどのようか
  ③運営方法の一つとして、目の字地区の駐車場を有料化できないか
 
財政状況が年々厳しくなってきており、
市営駐車場の有料化に踏み切ることで、財源を少しでも増やせるようにすることと、
市民の皆さんに厳しい財政状況を理解して戴けるきっかけになるように という主旨の質問でした。
前向きに進めていくという答弁を戴きましたが、
私の任期内に実現できるように、協議していきましょうと要望しました。

2.職員減にみる行政運営について
  ①今後5年間の職員数の減少による行政運営の影響を、どのように考えているか
  ②行政運営の組織等について、現在までの進捗状況と今後の取り組みについて

職員が今後5年で54名退職することで、業務の無理や市民サービスが低下することを懸念する質問です。
人事院の勧告を受けて、3年後から定年延長することを前提の職員人数を管理することで、
職員減の影響は少ないとの答弁でした。
人件費の削減を目標に職員数を減らしてきたのに、
定年を延長すれば、また新たな財源が必要になったり、新規雇用を減らしたりしては、
現在の施策に反することになり、これから更に慎重は協議が必要であることを認識し、
24年中に、「定年延長について」の一般質問をする予定です。
職員の負担を減らすために、経験豊富な民間企業人を採用年齢枠を広げて採用することや、
業務手順書を見直し、効率の良い業務への改革などを提案しました。

詳しくは、美濃市役所のホームページの議会中継録画をご覧いただけると嬉しいです。
①古田秀文議員 1回目 02:22~
           2回目 47:49~
②岡部忠敏議員 1回目 01:01:37~
③辻 文男議員  1回目 01:23:05~
           2回目 01:50:30~

3月15日岐阜新聞中濃版で紹介して戴きました。
b0226723_20482863.jpg

人気ブログランキングに参加しています。人気ブログランキングへ←バナーをクリックして、応援して下さい。
by kangaeru_230 | 2012-03-15 21:18 | 議会報告 | Comments(0)
<< 総務産業建設常任委員会傍聴(3... 牧谷保育園 桜の木を再生(3/13) >>