次世代型ものづくり参入フォーラム(11/21)

2012各務原市RT活用・次世代産業フォーラム事業
『次世代型ものづくり参入フォーラム』
場所:テクノプラザ(各務原市テクノプラザ) に参加しました。

フォーラムの内容は
○講演会「企業間技術ネットワークを活用した健康医療・介護福祉産業の新規開拓」
      公益財団法人大阪市都市型産業振興センター 新産業創造推進室長竹嶋氏

○事例紹介「ロボット技術を活用した次世代産業への新規参入事例紹介」
      (株)VRテクノセンター 企画開発部長 横山氏

○公開講座:ものづくり指導者養成塾「マネジメント概論」
      合資会社コンサルティングノヴァーレ代表 時山氏

○研究紹介「岐阜県情報技術研究所研究紹介」
      岐阜県情報技術研究所所長 稲葉氏

○交流会   でした。

事例紹介発表者の横山部長は、美濃市在住で、
私が前職で各務原市の受付案内ロボットを共同開発した仲間ですので、興味深く拝聴致しました。

カメラを用いたロボット技術を活用して
『見る 観る 視る 診る』をとおして分析し、
人の技術的動きを『見える化』することにより、
伝統的、専門的な技術、職人技を経験未熟者に伝承していくシステムなどを
紹介する講演でした。

先の定例会において、一般質問で
市内事業者の育成、事業支援について、行政の積極的関わりを問いかけましたが、
このようなフォーラムに関係者が参加し、或いは事業者に案内することができているのかな?
いまや、特定の囲い込みの産業ではなく、異業種交流の中から自社の得意分野をマッチングさせて業種業態の新規事業への発展に結びつけていくことが当たり前になっているのに、こうしたフォーラム開催の情報を把握しているのだろうかと思いました。

商工会議所や関係業界団体などに、案内や紹介をすることで企業支援の一端を担えるのではないか?

職員の多くは、フェイスブックなどSNSに参加しているので、様々な情報を入手できる位置におり、入手した情報を発信することにも注力してほしいと思いました。

佐賀県武雄市役所では、FB(フェイスブック)を活用した活性化を図られており、
『キラリと光る オンリーワンの町 夢かなう町』を目指す美濃市としても 
前向きに取り組んでほしいものです。
人気ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
←バナーをクリックして、応援して下さい。

by kangaeru_230 | 2012-11-22 08:47 | 活動報告
<< 地区別人権啓発講演会(11/26) 保育園保護者会連合会とのガヤガ... >>