手漉き美濃和紙の卒業証書(6/28)

きょうは、良いお話しがあったので早速アップしました。
昨晩のこと。
友人である関市立関商工高等学校のPTA関係者から
「関商工の卒業生に手漉き和紙の卒業証書を製作できないだろうか」

早速、市役所の担当課と連絡をとって、
和紙の里会館の職員に説明できる資料の作成をお願いしました。

一時間後には、資料の準備ができた旨の連絡を戴き、和紙の里会館へ。
手続きや方法など概要の説明を受けて
「良いお話しなので、ぜひ実現できるようにお願いします」ということで、
午後から、友人と打合せを行いました。

校長先生はじめ、学校関係者との打合せに必要な事項をまとめ
見本として校章の透かしの入った卒業証書など関係書類をお渡ししました。

美濃地区として、各学校で生徒が自ら漉きあげた和紙の卒業証書が使われるなら
地場産業にとって、また後継者不足に悩む業界にとっても
大きな話題を提供できることになり、なんだか楽しみになりました。

この企画を何とか成功させたいものです。

和紙の里会館では
紙すき体験の 卒業証書コースとして紹介されています。


人気ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
←バナーをクリックして、応援して下さい。

by kangaeru_230 | 2013-06-28 16:06 | 活動報告
<< まだまだ不十分だけど(7/1) 第4回定例会(6/10) >>