保育園保護者とのガヤガヤ会議(7/14)

平成26年度の保育園保護者とのガヤガヤ会議が
7月14日(月)午後7時30分から、かえで保育園(大矢田地区)で開催されました。
民生教育常任委員会のメンバー6名の他、今年度は市長も参加されました。
美濃市保育園保護者会連合会第2分科会の主催で担当役員の方はじめ
母親の代表として各保育園から3名のお母さん方が6保育園で18名、
園長さんや主任保育士の方々と総勢41名がつどい、
9時までの1時間半懇談しました。
b0226723_993617.jpg

自己紹介を兼ねたお母さん方のお話しから
「学童保育」が話題になりました。
 ・夏・冬・春休みには保育の時間に幅を持たせてほしい
 ・費用の払い込みにコンビニ利用ができるように(勤務時間内では不可能)
 ・土曜日の開所を隔週から毎週に拡張してほしい 
 など、働くお母さん方の生の声が聞かれました。
 ※武藤市長は、就学支援や人口増対策にも効果が期待できる
        他の自治体にない新しい施策を検討中ですが、
        課題は「人材」にあると述べられました。
「フリートーク」では、
 ・美濃市の良い点として
   子供を三人持たれている家庭が多い
   保育園の指導が充実している(他市の友人が羨むほど)
   自然や近隣住民が子育て環境に適している
 ・さらに子育てしやすい美濃市になるには
   3人目を安心して産める施策をお願いしたい
   子供の集える公園施設を周辺部にも設置してほしい(アウエイ感なく集える)
など 多くの意見を聞かせて戴きました。
私も民生教育常任委員として、こうした懇談会の意見を実現できるように
行政視察や情報収集による研究を続け、行政と向き合っていきたいと思います。
by kangaeru_230 | 2014-07-15 09:35 | 活動報告 | Comments(0)
<< 6月定例会報告(7/28) 平成26年第3回定例会(6/9) >>