9月定例会 一般質問終わりました(9/13)

9月定例会の一般質問が終わりました。
今回は、9名が登壇するということで、一日では終わらないかも?
議会事務局は、質問の進行状況を睨みながらの一日だったようです。
質問順最後のわたしの登壇が14時58分だったので、終わってみればいつも通り。
16時からは、全員協議会が開催されました。
今回の質問内容は、
1)寄付を受けた或いは受ける古民家への対応について
 ※平成21年に寄付を受けた須田万右衛門邸は、修理費が億に届くらしく、
  手が付けられず、放置状態が続いている状態です。
  そこに、新しく蕨生で古田薫邸の寄贈を受けたということで、
  何でも市が抱え込んで面倒見るという体質を変えるきっかけにしたい
  との思いで選んだ質問です。
  目的は、・寄贈を受けないことを前提とすることの再認識
      ・受けるか否かを判断する資料を残すための調査基準の作成

2)緊急時に学校で待機する児童・生徒への対応について
 ※市内の各小中学校に食料備蓄を求める質問です。

3)基金に対する資金運用について
 ※平成25年度決算において、基金の運用益が1400万円出たが、
  24年度は約130万円だったことから、
  会計管理者の運用手腕を讃えるとともに、
  予算執行する各担当課へ原価管理意識を再認識してもらうこと
  を目的とした質問です。

早速、議会報告書の作成に取りかかります。
詳細は、報告書をお待ち下さい。  
      
by kangaeru_230 | 2014-09-13 08:39 | 議会報告 | Comments(0)
<< ギフチョウの会(10/9) 6月定例会報告(7/28) >>