ギフチョウの会(10/9)

ギフチョウの会に参加させて頂きました。
この会は、岐阜県内在勤・在住の自治体職員の有志が、自学・交流するためのネットワークで県内各地で、学習会や交流会を開いてみえます。
8月に開催された学習会に引き続き、
今回は、「人口減少社会における世帯(家族)構造の変化」のタイトルで
北方町の生涯学習センターで開催されました。
人口減少の問題がいろいろ取りざたされていますが、
専門知識を持ってみえる方のお話しは、
データに基づいており、説得力があり、現状を把握するには良い機会です。
b0226723_9433637.jpg

・人口減少がいつ止まるのか、誰にもわかっていない。
 そこに不安がある。
・このままでは、我々の世代がその日を見ることは無い。
・まして「今の規模まで人口が増える」などなり得ない。
・人口減少は、人々が結婚・出産に関して選択した結果がもたらしたもの。
・個人の意識か、社会制度なのか、自然の摂理なのか、
 要因は、特定できない。
・しかし、このまま変わらなければ、何も解決しない。
現実を見据え、分析しながらも、どうすべきかが明確に出せない問題です。
いろいろな分析データを見ながら、お話ししたいです

by kangaeru_230 | 2014-10-10 09:53 | 活動報告
<< 9月定例会報告(10/14) 9月定例会 一般質問終わりまし... >>