行政視察第1日ー熊本県玉名市(10/20)

玉名市では、「高齢者元気づくりネットワーク事業の取り組みについて」を視察しました。
健康福祉部高齢介護課高齢者支援係 辻さんと
玉名市たまな元気会 西分会長、玉名地区寺田会長、天水地区田尻事務局長にお話をうかがいました。
玉名市には、九州看護福祉大学があり市と協定を結び、介護予防を推進していく仕組みづくりに取り組んだ結果、合併した4地区を高齢者活動の自治区として、それぞれの独自運用に委ねる方法を取っています。
行政の関わりも、必要な書類のコピーや活動に必要なマイクロバスの手配など、最小限のフォローにとどめており、会場の借り上げ実費は自治区が負担するそうで、その場合には、会費を徴収しているそうです。
それぞれの地域にあった運営をして、「皆が先生、皆が生徒、この指とまれ❗️」そんな場をつくろうという目的で、活動が始まったそうです。
日本公衆衛生学会で6年連続して発表するなどやる気満々の元気会です。
帰ってから、資料をしっかり読んで、美濃市に取り込める良い点を掴みたいと思っています。
b0226723_17495656.jpg

by kangaeru_230 | 2014-10-20 17:50 | 活動報告 | Comments(0)
<< 紙すきのうた(1/25) 9月定例会報告(10/14) >>