一般質問の意義(6/11)

一般質問の意義はどんなところにあるのか?
私たち議員は、市民の方から付託を受けて行政執行部(市)に対して、責任者である市長と対等の立場で民意を反映した観点から是々非々の判断を求められる議会という仕組みの中で活動しています。
一般質問は、年4回ある定例会で行政執行部に対して公式に意見を述べる機会です。
どんな内容であっても、執行部は議員から出た一般質問には真摯に対応し、丁寧な答弁をすることは当然だと思っています。
質問する議員は、本来なら、原稿なしで質問しても良いのですが、議事録が永久保存であることもあり、不適切な発言や用語などを避けるよう多くの点に配慮する必要があるため、原稿を用意して推敲を重ねて演壇に上がるわけです
この質問原稿に対して、執行部もまた答弁を準備するわけですが、関係する担当課の実務を担っている課長や課長補佐が草稿をお越し、これを上席の部長、次長が推敲し、最終は市長の判断を経て答弁になるわけです。
最近の執行部答弁は、できるだけ簡素にし再質問や言葉尻を捉えられないような表現にしている傾向が見えけられます。(市長部局で、表現を変え、文言の添削が多くあり、答弁書の提示まで多くの時間を要する)
私は、一般質問では、
・・・・はどうなっていますか?
・・・・のようになっています。-----→ わかりました。
事業内容や計画についての説明を求め、確認するだけに留まらず、
本来あるべき姿や市民の要求・要望にどう答える用意があるのか。
市民の知り得たい事柄についての説明責任を果たすこと。
などが一般質問の項目になるのではと考えます。

質問に対しての答弁を示してもらいましたが、知り得たい情報を得るべく、また、もっと深く市民目線で考えて対応して欲しいことなど多面的、多角的に検討を重ね再質問、再再質問につながる内容精査と情報分析で過ごす一日になりそうです。
by kangaeru_230 | 2016-06-11 10:11 | 議会報告 | Comments(0)
<< 7月の顔(7/3) 発言通告書(6/10) >>