カテゴリ:議会報告( 48 )

12月定例会の始まりと今月の顔(12/1)

今年も最後の月師走を迎えました。今月の顔も1年経過しました。
あっという間の1年でしたが、私の顔はどの様に変わってきたのか?
議員活動には、いろいろなストレスも発生しますが、一つ一つできる事に取り組みながら時間の解決を求めたり、自ら学び考えることでも対応してきました。
今月の顔は、12月定例会を前に夜中からパソコンに向かっている自分です。
b0226723_635238.jpg
今日からはじまる平成28年第5回美濃市議会定例会は、
美濃和紙議会として位置付けられ昨年に続いて2回目となります。
提出議案は、補正予算8件、条例制定8件、条例廃止1件の17件です。
補正予算は、
一般会計362,621千円、特別会計61,045千円、企業会計87,678千円 であり、
これにより一般会計は、当初予算より755,010千円増の9,715,010千円、
総計予算は、20,350,959千円となります。
今回補正の目玉は、美濃小学校の大規模改造工事で2億769万円です。
概ね3分の1にあたる6,409万円を国からの補助金、市債1億2600万円、一般財源1,760万円で調達し、北校舎の防水工事のほか、教室床や廊下との仕切りを木質化します。
和紙の里会館も500万円でリニューアルされ、2月28日から4月14日まで休館となり、4月15日にはリニューアルオープンの予定です。
また、旧長瀬小学校も地方創生拠点整備事業として4,400万円の交付金で、木に関わるものづくり拠点として改修されます。
条例改正では、簡易水道特別会計が上水道事業企業会計に統合される条例に改正され、来年4月1日から運用されることになります。
by kangaeru_230 | 2016-12-01 07:08 | 議会報告 | Comments(0)

決算議会はじまる(9/14)

昨日、9月13日から平成28年美濃市議会第四回定例会が開会しました。
今議会への提出議案は、
専決処分 1件、 決算認定 10件、 補正予算 7件、
条例制定 1件、 人事案件 1件、 その他 2件  合計22件 です。
今回の決算議会では、歳出では、昨年度の事業実施結果をしっかり検証することにより、10月からはじまる来年度予算査定に反映させ、より実効性のある来年度予算策定に繋げたいと考えています。
また、歳入面では、収入未済額(昨年度納入されるはずでも納入されなかった税金、保険料、使用料や手数料など)の”なぜ?”を調査したいと考えています。

初日の午後4時に締め切られた「発言通告」には、受け付け開始の9時までに3名が提出し、くじ引きの結果、私は3番目になりました。
今議会は決算議会のため、会派代表質問が先行されるので、登壇は4番目になります。
一般質問の項目と主な内容は、以下の4点です。
◆1 普通建設事業費のうち、自治会市要望事業費について(答弁:市長)
  ①H27年度事業着手率45.0%をどのように捉えているのか 
  ②事業費予算の拡充はできないか
  ※自治会要望は、市内の各自治会が身近なところの改良、改善を求めるもので
   予算枠を増やすことで実施につながる件数が大きく増えると思われるので、
   予算枠の拡大を提案する。
◆2 寄附の申し出を受けた松久邸について(答弁:市長)
  ①市有財産としての必要性の見解はどのようか
  ②地方自治法96条第1項9号「負担付きの寄附又は贈与」に該当すると考える
   が、市の見解はどのようか
  ※十六銀行前の松久邸を市に寄附するという話しが提案されたのを受けて、
   市は将来に大きな負担(改修、維持管理面の費用)を残すと考えられるので
   受けるべきでないとの考えを自治法を引用し、議決案件にしたいと考えま
   す。
◆3 公共施設管理計画について(答弁:総務部長)
  ①現在の状況はどのようか
  ②今後の進め方、タイムテーブルはどのようか
  ※市民わくわくふれあいセンターは実施設計に入っていますが、
   統合により廃止された建築物の処置方法や費用は決定されていません。
   美濃市には、市役所(築43年)はじめ、図書館(築48年)、
   中央公民館・福祉会館(築30年)、文化会館(築40年)、曽代体育館(築44年)、
   給食センター(築37年)等々老朽化した建築物がたくさんありますが、
   今後どのように管理していくのかを明確に計画したものがありません。
   市民と共にこれからの美濃市を考える上で避けて通れない課題を浮き彫りに
   したいと考えます。
◆4 蕨生地区太陽光発電施設の拡張計画について
  ①地元説明会開催(7/17)後の、動向はどのようか(答弁:産業振興部長)
  ②市で作成しているハザードマップの警戒区域での開発行為をどのように考
   えるか(答弁:建設部長)
  ③「(林地開発許可前の)美濃市への意見照会」について、市の見解はどのよ
   うか(答弁:産業振興部長)
  ※6月議会でも質問しましたが、発電施設拡張の動きが着々と進んでいる状況
   が窺える中、不法な開発を留め地元の安全確保につながる市の行政判断を正
   したいと考えます。
by kangaeru_230 | 2016-09-14 13:45 | 議会報告 | Comments(1)

一般質問の意義(6/11)

一般質問の意義はどんなところにあるのか?
私たち議員は、市民の方から付託を受けて行政執行部(市)に対して、責任者である市長と対等の立場で民意を反映した観点から是々非々の判断を求められる議会という仕組みの中で活動しています。
一般質問は、年4回ある定例会で行政執行部に対して公式に意見を述べる機会です。
どんな内容であっても、執行部は議員から出た一般質問には真摯に対応し、丁寧な答弁をすることは当然だと思っています。
質問する議員は、本来なら、原稿なしで質問しても良いのですが、議事録が永久保存であることもあり、不適切な発言や用語などを避けるよう多くの点に配慮する必要があるため、原稿を用意して推敲を重ねて演壇に上がるわけです
この質問原稿に対して、執行部もまた答弁を準備するわけですが、関係する担当課の実務を担っている課長や課長補佐が草稿をお越し、これを上席の部長、次長が推敲し、最終は市長の判断を経て答弁になるわけです。
最近の執行部答弁は、できるだけ簡素にし再質問や言葉尻を捉えられないような表現にしている傾向が見えけられます。(市長部局で、表現を変え、文言の添削が多くあり、答弁書の提示まで多くの時間を要する)
私は、一般質問では、
・・・・はどうなっていますか?
・・・・のようになっています。-----→ わかりました。
事業内容や計画についての説明を求め、確認するだけに留まらず、
本来あるべき姿や市民の要求・要望にどう答える用意があるのか。
市民の知り得たい事柄についての説明責任を果たすこと。
などが一般質問の項目になるのではと考えます。

質問に対しての答弁を示してもらいましたが、知り得たい情報を得るべく、また、もっと深く市民目線で考えて対応して欲しいことなど多面的、多角的に検討を重ね再質問、再再質問につながる内容精査と情報分析で過ごす一日になりそうです。
by kangaeru_230 | 2016-06-11 10:11 | 議会報告 | Comments(0)

発言通告書(6/10)

議会では、一般質問する前に執行部(市長はじめとする役所の担当部署)に対して、
「こんな内容の質問をします」という質問概要(発言通告書)提出します。
この発言通告以外には、議場で質問することができない規則になっています。
一般質問の方法には
①一括方式と②一問一答方式があり、
 美濃市議会ではどちらでも質問議員が選択できるようになっていますので、
 発言通告書には質問方式も明記します。
①一括方式は、
 質問したい項目全てについて、一気に一方的に質問し、
 執行部はその一つ一つに対して、まとめて答弁を行います。
 代表質問は、一括質問になります。
②一問一答方式は、
 質問したいそれぞれの1項目毎に質問し、執行部はこれに答弁します。
 その答弁に対して更に質問(再質問)を投げかけ、執行部の答弁を得、
 議員の納得いくまで繰り返し質問(再々質問)を行い、
 答弁を得ることを続けることができます。

美濃市議会の今議会一般質問では、8名の議員全てが一問一答方式で行います。
今日の岐阜新聞にも紹介されていますが、
私は1番目に10時から登壇し、2件について質問します。
Ⅰ.市民わくわくふれあいセンターの今後の進め方について
 ①市民への周知は十分に出来ていると考えているか
 ②吉川土地区画整理事業との整合はどのようか
 ③今後のスケジュールはどのようか
3月末から4月末にかけて各ふれあいセンターの閲覧と美濃市ホームページにより、パブリックコメントとして市民のみなさんに意見を求める広報をし、7名から19件の意見が出されたことを受け、みなさんのご理解を得た上で進めるべき事業と考えることに加え、建設予定地の道路や敷地について吉川土地区画整理事業との整合の必要性、今後進めていく上で、総事業費の決定により将来負担する公債費(借金返済額)を明確にすべきなどについて質問します。
Ⅱ.蕨生田之洞地区太陽光発電施設の開発行為とその後について
 ①地元説明会協議事項の履行確認と対処はどのようか
 ②災害防止対策は十分か
 ③施設拡張をどのように考えるか
※蕨生田之洞に設置運転されている太陽光発電施設は、当初から申請区域外まで森林伐採し、地元説明会で地元に迷惑がかからないように約束して工事を進め、施設は完成して稼働しているが、未だに地主との約束が履行されていないところもあるという。伐採して掘り起こした木の根っ子も現地に集積してあり、集中豪雨などがあれば流出する危険もあることを踏まえ、現状の安全面を市当局に正すと共に、今後施設拡張を断じて許さないために議会で公式の見解を質問します。
by kangaeru_230 | 2016-06-10 09:54 | 議会報告 | Comments(0)

平成27年度第5回定例会 発言通告書提出(12/1)

平成27年第5回美濃市議会定例会が本日12月1日から21日まで21日間の会期で開会されました。
今議会から、昨年11月27日にユネスコ無形文化遺産に登録された「日本の手漉き和紙技術」
を記念して、今後の12月定例会を「美濃和紙議会」と称することを決議、実施しました。
紙衣(かみこ)と呼ばれる和紙を手揉みして柔らかくし、コンニャク糊や柿渋、寒天などの糊を引いて、強度と防水性をつけ、加工して仕立てた服。丈夫、軽く、雨露を防ぎ、傍観にもなる。(美濃和紙議会 講演資料による)
こんな感じの陣羽織のような紙衣です。
b0226723_2331195.jpg

今回の一般質問は、一問一答方式で
『(仮称)市民わくわくふれあいセンターについて』行います。
①平成26年11月に「(仮称)市民わくわくふれあいセンターを考える会」から
 提言書を戴いているが、それ以降、現在までの進捗状況はどのようか。
②本年10月に「(仮称)市民わくわくふれあいセンター整備推進委員会」を
 立ち上げ、建物の構想図を作成されると伺っているが、考える会から提出
 された提言書をどこまで尊重するのか。
③建物構想の作成にあたって、施設の内容、建設費用、立地場所・条件など
 基本要件決定からスタートするものと考えられるが、最重要と位置付ける
 用件をどのように考えているのか。
④建設費用について「市民わくわくふれあい施設整備基金」は、平成26年度末
 残高として4億7千229万円あるが、財源措置をどのように考えているのか。
⑤「(仮称)市民わくわくふれあいセンター」の建設用地をどの程度必要と
 考えているのか。
⑥市は、立地適所として旧美濃病院跡地(現在は、吉川土地区画整理事業区域内)
 を考えていると伺っているが、ここに建設することになれば、施設本体に
 おける土工事の負担を軽減するためにも、基盤整地は区画整理事業の施行範囲
 として行うべきと考えるが、いかがか。
以上6項目を質問し、答弁を検討・吟味しながら、再質問を行います。
12月10日の午後からの登壇となる予定ですので、
関心をお持ちの方には、是非傍聴して戴きたいと思います。
by kangaeru_230 | 2015-12-01 23:50 | 議会報告 | Comments(0)

平成27年第四回定例会(決算議会)(9/14)

第三回定例会以来のブログ更新で、
根気に覗いて下さっている方々には、本当に久しぶりで、申し訳ありません。
明日15日には、一般質問に登壇しますので、質問の概要を報告します。

今回の質問は、行政の仕事に対する姿勢の問題点を、

 ① 年金支給開始年齢が段階的に引き上げられるのを機に適用される再任用制度
   の運用において、希望者を採用することで人件費が高騰し、新規採用者を
   控えるようなことがあってはならない点を強調し、再任用される行政職の
   ベテランを若手職員の育成と繁忙業務の手助けなど、
   上手に使うシステムとして構築すべき

 ② 文化遺産という観光資源に目線を置いて、整備を続けることの重要性

 を訴えます。

 切れ味鋭い質問にしたいと考えていますが、言葉のやりとりに終始して、
 焦点がぼけないようにがんばりたいと思います。
by kangaeru_230 | 2015-09-14 00:08 | 議会報告 | Comments(0)

第3回定例会一般質問(6/19)

平成27年第3回美濃市議会定例会 一般質問を終えましたが、
議員としての力量のなさを反省する質問になりました。
今回の一般質問は、
①第5次総合計画と地方創生について(答弁者 市長)
②プレミアム商品券の販売における公平性、平等性について(答弁者 市長)
の2点行いました。

①第5次総合計画と地方創生については、
 美濃市の第5次総合計画-基本計画見直しの時期にあたる平成27年に、
 地方創生による「まち・ひと・しごと創生事業」で義務付けられる人口歯止めに
 繋がる施策も平成27年度中に作成しなければならないことを受けて、
 相互の関連をどのように捉えて計画を作るのかを市長に質問しました。
 市長答弁は、
 現在進めている事業を中心に人口減少に歯止めをかける施策を行うとのことでした。
 私は、人口が減少していく予測の中で、目標とする数値を定め、
 チェックによるフォローを行い、
 PDCAがしっかり回せる計画を立てるべきとしました。

②プレミアム商品券の販売における公平性、平等性については、
 今回のプレミアム商品券の販売には、市民の多くの方が不満を持っていることを
 皆さんから届けられた声として紹介し、
 市長はこうした市民の不満の声をどう考えているのかを尋ねました。
 市長答弁は、
 今回の商品券の発行目的は、(商品を売る側に重きを置いた)経済拡大及び
 活性化を第一に考えて実施したもので、
 市民に不満の声はあっても,我慢してほしい
 というものでした。
 大きな金額を動かせる市民(お金持ち)が、業者に潤いをもたらすという
 市民にとって不公平感を抱かせる答弁には、
 質問の趣旨を無視したものと感じられたので、市民に向けた答弁を!
 とお願いしましたが、撥ね付けられました。

 議員の立場として、この企画が補正予算として説明受けたときに、こうしたところまで考え及ばず、安易に認めたことをとても後悔しています。

 もっともっと、広く深くあらゆる場面を想定し、皆さんの公平感や、
 平等感を逆なでしたい方法はないか?


 これからは、このことを肝に銘じて、行政の施策を審議したいと思います。
 
 今回の、一件は大変残念な結果に終わりましたが、
 次への大きな力としていきますので、よろしくお願いします。
by kangaeru_230 | 2015-06-20 10:23 | 議会報告 | Comments(0)

平成27年美濃市議会定例会(6/8~)

平成27年第3回美濃市議会定例会が始まりました。
今議会は、先に行われた美濃市議会議員選挙後初の定例会で、
新人議員の一般質問に関心が集まるものと思います。
私も、一問一答方式による一般質問2点を行う旨の発言通告書を提出しました。
質問内容は、
Ⅰ.第5次総合計画と地方創生について
 ①平成32年の目標人口において、年齢3区分別人口と設定の根拠はどのようか
 ②年齢3区分別人口に対する施策はどのようか
 ③第5次総合計画の後半に向けて、地方創生をどのように絡めていくのか
Ⅱ.プレミアム商品券の販売における公平性、平等性について
 ①市民の不満の声に対して、どのように考えるのか
 ②市長の考える公平性、平等性とは何か
いずれも、武藤市長に答弁を求めます。
b0226723_9253598.jpg

by kangaeru_230 | 2015-06-10 09:25 | 議会報告 | Comments(0)

一人会派「しんし」設立(5/13)

美濃市議会 一人会派「しんし」設立し、届出しました。
無会派でも良かったのですが、自分の意志をくじけさせないために
一人会派を設立し、議長あてに届出しました。
「しんし」という名前は、
・真摯 真面目で熱心なこと
・紳士 上品で礼儀正しく、教養のある男性
・信士 信義に厚い人
・心思 こころ。思い。考え。
などいろいろな意味合いがあり、
議員活動の原点として心に留め置きたいとの思いから名付けました。
行動キャッチフレーズは「みんなで考え、みんなで進む」です。
自分の道を信じ、市民目線を忘れることなく、粛々と活動していきます。

常任委員会は、今までと同じく「民生教育常任委員会」に所属しました。

地域創生元年と位置付け、施政方針を打ち出されていますが、
市民の生活の根幹となる「教育」と「福祉」に軸足を置いて活動します。

いろいろな場面で、ご厄介になりますがよろしくお願いします。
b0226723_11545100.jpg

by kangaeru_230 | 2015-05-13 11:06 | 議会報告 | Comments(0)

臨時議会の開催と会派(5/12)

統一地方選後、初めての議会が臨時会として開催されます。
今議会は、議会人事の改選で、議長・副議長・監査委員・農業委員の他
各常任委員会への所属や常任委員会の委員長・副委員長の選任が行われます。
毎回、この時期には、議長人事をめぐって会派の組み替えが行われ、
多くの市民から、議員資質とともに、議会の体質が問われています。
今回は、13名の議員が最大会派9名と公明党、一人会派3名に分かれましたので、
最大会派に所属する議員が全ての役職を独占しそうです。
私は、一人会派を選択しました。
市民一人一人との会話・対話を重視しながら、
粛々と議員活動を行っていまいりたいと考えたからです。
常任委員会への所属は、前期と同じく「民生教育常任委員会」を予定しています。

臨時会には、議案提出もあり、専決処分4件と補正予算1件です。
以下 提出議案です。
報第6号(専決処分の承認) 平成26年度美濃市一般会計補正予算(第10号)
報第7号(専決処分の承認) 美濃市税条例等の一部を改正する条例について
報第8号(専決処分の承認) 
        美濃市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について
報第9号(専決処分の承認) 美濃市介護保険条例の一部を改正する条例について
議第39号 平成27年度美濃市一般会計補正予算(第1号)
by kangaeru_230 | 2015-05-12 07:50 | 議会報告 | Comments(0)