<   2011年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

自治体予算のしくみ(7/31)

7月7.8日に開催された市町村議会議員特別セミナーは不幸が重なり参加できませんでした。
8月26.27日の議員研修「自治体予算を考える(大津市)」受講申し込みをしていましたが、10日ほど前、定員オーバーで抽選の結果今回は受講できずという連絡が来ました。

自治体予算に対する勉強は、議員活動の主目的の一つでもあり、とても楽しみに心待ちしていましたが、この結果を聞いてがっかりしました。

このままでは何ともならないと思い、
21日に名古屋丸善で『自治体予算のしくみ(学陽書房)』という本を購入し、
独自勉強をしてみることにしました。

図解入りでとても解り易い本ではありますが、
現実の予算書と対比しながら理解していくのは結構時間がかかります。
ボチボチですが、9月議会までには基本をマスターしておきたいです。

この本の「はしがき」にはこんなことが書かれています。

・「税収見合いで仕事をする」という従来の発想から「自治体に必要な仕事がどれとどれで、それを誰がどう負担するのかを決める」発想への転換が必要。

・今、必要なのは後年度にツケを回すことではなく、将来にわたって持続可能な「予算」を住民と共に作り上げること

・予算がより身近なものになれば、住民による監視能力が高まり、自治体破綻に怯えることはなくなります
共感できるところです。こうしたことが実現できるよう活動したいものです。

議員研修でも予算に関する研修会には必ず参加し、基本から勉強して、
美濃市の予算をしっかり理解し、皆様にちゃんと説明できる日が早く来るように頑張りたいと思います。


人気ブログランキングへ 
人気ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックして、応援して下さい。

by kangaeru_230 | 2011-07-31 09:33 | 活動報告

選挙公営(選挙費用の公的負担)(7/28)

日本共産党美濃市委員会の発行している「美濃あかつき」No.394号に
定数13名の選挙費用請求額の一覧表が掲載されました。
私、辻文男は請求額377,496円で第1位でありました。(市民の皆様の税金から助けていただきました)
選挙が終わって5月9日までに提出する義務のある収支報告書に記載するとともに、
契約業者の方の請求書も合わせて提出したものです。

私の請求内訳は以下のとおりです
選挙用自動車(リース)  9,500円/日    7日  66,500円 限度額は 66,500円
選挙用自動車(燃料)     152円/㍑   98㍑  14,896円        26,600円
選挙用自動車(運転手) 10,000円/日   7日   70,000円        70,000円
ポスター制作費       1,700円    133枚  226,100円       247,912円
   合計額                        377,496円       411,012円
限度額に対する請求額は91.8%でした。

選挙公営は、貧富に関係なく選挙に出られることを目的に作られた制度でしたが、
前回選挙でオンブズマンに指摘され、限度額いっぱいを請求する議員さんが多かったために見直されて、今回の限度額になった経緯があります。

公費負担しますといわれても、「私費で賄いますので結構です」という思いの方は
請求しなくとも良いのです。
経験ある議員さん方は
ポスターのみ公費負担であったり、全て自腹であったり、様々です。

共産党の取り上げている選挙費用については、
候補者は選挙に使った費用の全てを報告する義務があるので、
選挙にかかった総費用と公費請求額を比較することも考えて戴き、
改めて選挙費用のあり方を論ずる必要があると思います。

今回の選挙は、初めてのことであり、終わってみて判ったことも沢山ありました。
運転手はボランティアでお願いし、自家用車を使用するなど工夫次第では、
公費負担額を減らすことになろうかと思います。

皆さま方の考えを聞かせて頂けると有り難いです。

人気ブログランキングへ 
人気ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックして、応援して下さい。

by kangaeru_230 | 2011-07-28 06:15 | その他

道路改良整備促進期成同盟会の総会出席(7/25)

美濃市の牧谷地区を走る県道、主要地方道の改良整備の促進を目的とする組織の
年度総会が開催され、会員である私たち市議会議員も参加しました。
県道上野関線は平成8年、洞戸・川辺間主要地方道は昭和54年結成と聞きました。
県道上野関線は大矢田トンネルが懸案事項で着工できる寸前でバブル崩壊となり、
厳しい財政状況のあおりをまともに受けて、未着手の状態が続いており、
市政懇談会などではいつも早期着手の要望が出る路線です。

会議の中で、事業概要の説明がありました。
今年度は半道地区の用地取得も進み一部改良工事に着手する旨の報告がありました。
また、渇水期を待って年度末をメドに睦橋の橋脚工事も継続されるようです。
洞戸・川辺間主要地方道も、現在行われている谷戸地内の歩道設置工事の継続と
落石防止事業を行うとのことです。
来年度に開催される清流国体への対応ということで、
自転車ロードレース用にコースに関わる区間で舗装補修も施工されるようです。

因みに改良率は次のとおりです(改良済みは幅員5.5m以上)
県道上野関線 総延長11,851mの内改良済み4,831mで40.8%(県平均49.8%)
主要地方道の内美濃洞戸線(洞戸・川辺間=美濃洞戸線+美濃川辺線)
美濃市分 延長10,897mの内改良済み10,690mで98.1%(県平均67.7%)

地元活性化につながる道路改良事業ですが財政難の今は、
大きな進展を望むことは難しい状況ですが、
継続して要望を続けていくことが大切だと思います。
地元の期待が大きな事業ですので、これからも積極的に関わりを持ちたいと思います。


人気ブログランキングへ 
人気ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックして、応援して下さい。

by kangaeru_230 | 2011-07-25 21:44 | 活動報告

他地区の方々との交流(7/23)

ただ今帰ってきました。
今日は地元に隣接する地区の有志の方々との交流会に参加しました。

5人の集まりでしたが、実りある会合だったと思います。
選挙以来の顔合わせでしたが皆さんと楽しく過ごさせていただきました。
地元自治会の改革のお話はとても興味深く聞かせていただきました。
中でも、
「なかなか出来ない改革は自分の自治会長の時にやるべきだ」との信念により実行され、
7人の方から「よくぞやってくれた」といわれ、
4人の方からは匿名で痛烈な批判をされたことをお聞きして感銘致しました。

今、自分が市議会議員として活動させていただいている状況の中で
『自分の信念』について改めて考える必要があるように感じました。

また、支援して戴いた方々との交流について「どうあるべきか」も併せて
考える必要を感じました。

自分の思いをあるいは皆さんの思いを市政に反映することの他に
支援して戴いた方々との接点の持ち方、行動すること、一方通行にならない方法
一番身近な方々のことを常に念頭に置ける活動の大切さ。
後援会組織も含めて考えてみたいと思います。

何とか今月中に後援会広報誌の発行をと思っていますが、
配布の方法にもつながることですのでじっくり考えるつもりです。

今日の結論は『自分が動かないと、ことは始まらない』ことの再認識です。

人気ブログランキングへ 
人気ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックして、応援して下さい。

by kangaeru_230 | 2011-07-23 22:29 | 活動報告

地域活性化に向けての一つの取り組み(7/23)

未来につなごう みんなの廃校プロジェクト
   -廃校施設の有効利用-

こんなプロジェクトを見つけました。文部科学省のホームページからです。
統廃合された学校施設の有効利用を進めるために文科省が立ち上げたプロジェクトです。
廃校の施設等の情報を公開して活用希望者を募り有効利用しようというものです。
利用のカテゴリーには
★工場加工施設
★体験交流施設
★文化・創造支援施設
★福祉施設・診療所
★教育施設        などがあります。
廃校施設活用にあたっての国庫補助制度もあり、これも紹介しています。
活用事例も平成23年4月時点で133施設紹介されています。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyosei/1296809.htm

どんな小さなきっかけでも見逃さないでチャレンジすることは大切だと思います。
上牧、神洞、片知小学校と来年4月から廃校の美濃北中の廃校4施設がある
牧谷地区の活性化に向けてこのプロジェクトの活用を考えてみることも必要だと思います。

みんなが関心をもって、前向きに取り組み姿勢をつくること。
大事にしていきたいものです。

文科省から資料を取り寄せてプロジェクトの内容を勉強中です。
活用提案があればお聞かせ下さい。


人気ブログランキングへ 
人気ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックして、応援して下さい。

by kangaeru_230 | 2011-07-23 07:18 | 活動報告

お母さんたちとのミニ集会(7/15)

来年4月には美濃北中学校が美濃中に統合されます。
昨年から統合に向けて、PTA役員さんを中心にいろいろな打合せや検討が行われています。
一昨年には小学校の統合があったばかりなのに・・・・。
この地域から学校が無くなっていくのは地域衰退につながるようで悲しいことです。
私に出来ることは何かないか?
自問の中で、
統合は既成の事実として進められていくが、完全な統合には時間がかかると思われる。
父兄の思いを出来るだけ幅広く聞いて、統合の中に少しでも反映できるように頑張ってみよう!
まず、皆さんの想いを聞くところから始めようということで
上牧下牧のほんの一部のお母さんたちにお話を聞かせていただきました。

いろいろ心配はたくさんあるようですが、やはり関心事は通学です。
中学では部活動が盛んで朝練や放課など登下校時間がバラバラになり、
用意されるスクールバスだけでは機能を満たさないという点が懸念されます。
牧谷線やわっちも乗ろカーの併用、小学校のスクールバスの利用など
様々なあらゆる可能性を考えてみる必要があるという共通認識ができました。
お願いするだけではいけないので、提案ができるように研究してみることになりました。

あるお母さんが言いました。
 学校が遠くなってもしたかないけど、
 通学することに不便を感じないこと
 この地域に住むことが大きな喜びになるような環境がつくられること
 このことが実現できれば人を呼び込む地域にできる
 と思うと。

とても前向きな素晴らしい発想だと思います。
自分が取り組むべき課題がまた一つ増えたミニ集会でした。


人気ブログランキングへ 
人気ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックして、応援して下さい。

by kangaeru_230 | 2011-07-23 06:48 | 活動報告

清風クラブかわら版 初版発行です(7/18)

7月18日の朝刊に「清風クラブかわら版」が折込まれ、初版発行となりました。

議会報告が主体ですが、今までの会派の議会報告とは異なったイメージを出したいと
会派の広報委員が頑張りました。

早速、市民の方から電話をいただき
「何か新鮮な動きが見て取れる、良い広報誌です」というお褒めをいただきました。
本当に嬉しい一言です。
特別なことを考えているわけではありませんが、
美濃市の今後には市民の皆様の行政に対する関心が一番必要であると考えている
私たちにとって、活動にご理解をいただける一つの方法という位置づけで
この「清風クラブかわら版」を考えています。

いろいろなご意見をお聞かせいただけるようご理解をお願いしたいと思います。

原版はカラーですのでご覧になって下さい。
b0226723_15315565.jpg

b0226723_15322184.jpg

b0226723_15324796.jpg

b0226723_15331762.jpg


人気ブログランキングへ 
人気ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックして、応援して下さい。

by kangaeru_230 | 2011-07-18 15:33 | 活動報告

民生教育常任委員会の中学校訪問(7/14)

遅れた報告になってしまいました。
7月14日に美濃市内の3つの中学校を委員会活動の一環として訪問してきました。
来年4月に統合される美濃北中と美濃中、昭和中の3校です。
それぞれの学校で教頭先生に案内をいただき、1年生から3年生まで全ての学年の授業参観をさせていただきました。
参観を終えた後に校長室で学校の様子などを校長先生からお話しいただき、
議員各自がそれぞれ質疑という形で実施されました。

数学ではクラスを半分に分けて、習得の度合いに合わせた授業。
図書館でビデオ映像を見ながら音楽の授業。
補助の先生を付けて英語の授業。
私の中学時代とは比較にならない充実した授業風景を見させていただきました。
こうした授業の他に各自が塾へ通うなど学習環境の違いをまざまざと感じ、
今の子供さんたちのレベルの高さに十分納得した次第です。

美濃中では、給食費として280円を当日納め、給食をいただきました。
グラタン?は現代風の味付けで大根とキュウリに青じそドレッシング、
野菜スープ、牛乳パックに薄切りの食パン2枚です。
カロリーは750から800程度お聞きましたが、
中学生では少し物足りないように思いました(部活の前にもう一食?)

とても暑い真夏日でも、扇風機一台だけの涼は少し残酷ですが、
現在の財政状況では、我慢してもらうしか無くて申し訳なく思いました。
学校統合などで経費縮減も図らねばなりませんが、
近年の地球温暖化による猛暑への対策もまた課題にしたいと思います。

民生教育常任委員会の学校訪問の目的が曖昧なまま、
市役所へ帰着後も話し合い無く終わってしまったので、ちょっと唖然。
月末には、議会活性化委員会も開かれるので、この点を聞いてみるつもりです。





人気ブログランキングへ 
人気ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックして、応援して下さい。

by kangaeru_230 | 2011-07-18 15:00 | 活動報告

森林文化アカデミー地域交流推進協議会総会(7/12)

曽代にある「岐阜県立森林文化アカデミー」に行ってきました。
初めてです。
少年野球をやってた頃、事務局長がアカデミーに勤務されていた関係で
役員会で行ったことがありますが、学内は初めてでした。
地域交流推進協議会
学校の教職員や学生との交流を通じ、地域文化の振興を推進することを目的とする。
この協議会の会員となって、総会に出席したわけです。

約40名の学生と学長をはじめとする18名の教員。
それぞれが、森林の生態系や木材、自然環境など様々な研究テーマをもって
学んでいる状況を説明して戴きました。

目的がはっきりしているから、みんな輝いた顔に見えました。
美濃市にこのような素晴らしい学校があることを知り、ちょっと感動。

なかなか行くことは出来ないかもしれないけど、
学生たちと話せる機会は欲しいと思いました。

人気ブログランキングへ 
人気ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックして、応援して下さい。

by kangaeru_230 | 2011-07-13 09:00 | 活動報告

新人議員研修(7/11)

新人議員研修に参加してきました。
『分権時代の議会運営セミナー』9:50~16:40迄の座学です。
岐阜県下から67名の参加があり、
34名が市町村議会議員、市町村の議会事務局関係者が33名です。
美濃市からは、新人議員4名と議会事務局から2名の参加でした。

講師は全国都道府県議会議長会に40年勤務されたかたで、
議会で起こる様々な問題を実体験からお話し戴くという講義でした。
有名な国会議員の名前が次々飛び出してきて、自慢話か?という感じもしましたが、
これからの議員生活において、議会活動に対して中身の濃い講義でした。

講義の内容は次のようなものです。見出しを列挙してみます。

分権時代の議会運営
 1.戦前と戦後の議会制度、議会の法令、議会の役割、議長・副議長、議員について
 2.本会議の運営と問題点について
 3.委員会の運営と問題点について
 4.意見書、決議、請願、陳情について
 5.地方議会の活性化、議会事務局について

一つ一つの課題に重みがあり、これからの議員活動の行動指針になると思いました。

これらについて自分なりに纏めてみようと思っています。(忘れないうちに)
また、各種の講座に積極的に参加して、資質の向上に努めたいと思いました。

こころに残った言葉に次のようなものがありました。

・議員は非常勤の特別職公務員であり、純粋な民間人ではない。
 品位を守らねばならない。

・本会議の質問は、追求だけでなく提言を含めて行う。
 提言は、実行できるものとすべし。理想論ではいけない。

・委員会は、本音を語る場であるべき。
 参考人制度を活用することで、委員会活動が住民に理解される。
 可決案件には、委員会の意見を付帯決議等にまとめ、委員会の意志を明確にする。

・議員は元気なうちに辞めるべきである。
 病むまで続けて、散々迷惑をかけ続けてきた妻に、ヘルパーまでさせてはいけない

経験不足で適切な判断は難しいですが、「やらなければならないこと」と思いました。
皆さんはどう思われますか?


人気ブログランキングへ 
人気ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックして、応援して下さい。

by kangaeru_230 | 2011-07-13 08:44 | 活動報告