<   2012年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

企画の発想(2/16)

郡上市に所用ができたので出かけました。

折しも、全国初のひな祭り企画「郡上八幡の福よせ雛」と題して、
城下町一帯(各商家・施設など)で
各地から集めたひな人形に日常生活の様々な場面を演出させるという
ユニークな発想から生まれた企画展だと思いました。

おひな様が、日常生活を表現している様子を見てみましょう。
鮎釣りでしょうか
b0226723_102202.jpg

こぼれたコーヒーを拭き掃除しています
b0226723_10232588.jpg

ワールドプロレスの会場です
b0226723_1025997.jpg

麻雀に熱中です
b0226723_10255570.jpg

普通は、ひな壇に鎮座している内裏様、三人官女、五人囃子のお人形が、
生き生きと生活場面を演出しています。アイデアですねぇ。

人を集める企画は、人が集まる企画でもあるはずです。

企画する側は勿論ですが、参加する側に立った目線も必要なことを強く感じました。

美濃市の新企画!よしもと芸人三つ星ジョージ、美濃密着の3ヶ月企画!楽しみです。

駐車場にも、面白い仕掛けがありました。駐車料金収受システムです。
駐車する人は、備え付けの料金袋(不要紙の再利用)に、
車両ナンバー・日付・入庫時刻・駐車料金額を記入し、この袋にお金を入れて料金箱に投入する。

博覧館の受付の方に聞いてみました。
休日には管理する人が常駐されるようですが、平日でも料金は問題なく納められているということです。

駐車する人が人間性を自問するという性善説に基づいた、野菜無人販売所と同じシステムです。
b0226723_10552167.jpg

b0226723_1043999.jpg

b0226723_10434471.jpg

美濃市にも市街地には10カ所ほどの市営駐車場がありますが、一部観光バスをのぞいて無料です。

いろいろな設備を設けたり、管理人を置いて運営するには経費がかかりすぎます。

かといって、現状では維持する費用を捻出しなければなりません。

3月の予算議会では、この点を質問に考えていたところでたから、
偶然とはいえ、タイムリーな事象を経験させて戴きました。
問題提起とともに、解決提案できる案件として取り組むつもりです。
人気ブログランキングに参加しています。人気ブログランキングへ←バナーをクリックして、応援して下さい。
by kangaeru_230 | 2012-02-17 10:57 | その他 | Comments(1)

障がい者相談員中濃圏域ブロック研修会(2/14)

平成23年度身体・知的障害者相談員合同中濃圏域ブロック研修会に参加しました。
13:30から16:00まで美濃加茂市の可茂総合庁舎大会議室で開催されました。
b0226723_18465587.jpg

相談員制度の現況ということで、
・4月から、今までの県から市町村へ権限委譲となること

・相談員は、個人の人格を尊重し、その信条に関する秘密を守らねばならないこと

・発達障がいの特徴と発達障がいのある人への支援について

岐阜県保健福祉部障害福祉課よりお話をお聞きしました。

その後、「障害者虐待防止法の施行に向けて」について、平松弁護士より講演がありました。

昨年6月24日に公布された「障害者虐待防止法」の施行日が24年10月1日であることを受けて
法律の解釈についての説明を、分かり易く聞かせていただきました。

法律の解釈は、とても難しいので「~は」で主語を確認し、「~する」「~ならない」でどうするのかが解る。
「どうするかの内容は途中に記述されている」ことに着目すれば判り易いということから始まりました。

1.基本理念
2.法律の概要
  1 総則
  2 養護者による障害者虐待について(家庭内)
  3 障害者福祉施設従業者等による障害者虐待について(施設内)
  4 使用者による障害者虐待について(勤務先)
  5 就学する障害者に対する虐待について(学校内・保育所等・医療機関等)
  6 虐待防止センターの設立について
  7 雑則
  8 罰則
3.実務運用への影響
  3年後の見直し規定

私達相談員が気をつけるべきは、相談を受けた時、或いは状況・気配を感じた時に、このような法律で定められている規則に従って、適切な対応をすることであって、自己的な判断による行動を慎むことにあると思いました。

あくまでも受け身であることを肝に銘じて、相談者が安心して話ができる人物になれるよう自己研鑽を続けていかねばならないことを痛感しました。
人気ブログランキングに参加しています。人気ブログランキングへ←バナーをクリックして、応援して下さい。
by kangaeru_230 | 2012-02-14 18:47 | その他 | Comments(0)

初午(2/12)

地元のお祭り「初午」がありました。
稲荷神社のお祭りで、組の人が総出で準備から始まり、祭礼、片付けまで1日で済ませます。

普段は人気のない山の中の神社ですが、一年に一度だけ大勢の人で賑わいます。
b0226723_1239324.jpg

神官さまの祝詞奏上から祭りが始まり、なおらいでは御神酒を酌み交わしながら焼き肉などで盛り上がり、老若男女が親交を深めながら地域のことを語り合います。
b0226723_1240991.jpg

御供えには、御神酒をはじめ、おにぎり、お寿司、子供向けのお菓子は沢山献上いただきます。
地域の子供は勿論ですが、この地域で育った娘さん達が里帰りをかねてお孫さんを連れて、御供えのお菓子を戴いていかれます。
b0226723_1240436.jpg

私の孫も帰ってきてくれ、当分お菓子を買わないでいいと喜んでいました。

伝統のある行事が簡素化や廃止されていく時代ですが、何とか食い止めなければいけないと思います。
身近な話題を共有できるにはこうした世代を超えた多くの人が集まることがとても大切だと思います。

他の地区でも同じような祭りがあり、顔を出させて戴きました。
近況の報告をさせて戴く機会も戴き、とても有意義に過ごせた一日でもありました。

人気ブログランキングに参加しています。人気ブログランキングへ←バナーをクリックして、応援して下さい。
by kangaeru_230 | 2012-02-13 12:47 | その他 | Comments(0)

立志の集い(2/10)

美濃北中学校最後の「立志の集い」が行われました。

先生方をはじめ、1年生、3年生、ご父兄の方々の見守る中、
2年生27名一人一人が自分の日頃を思い起こし、
これからの生き方をしたためた「書」の額を披露しながら、「決意の言葉」を述べる、
いわゆる元服にちなんだ行事です。

4月には統合される美濃北中にとって、最後になる立志の集いでした。
b0226723_12221271.jpg

b0226723_1222478.jpg

b0226723_12231363.jpg

見守る方々
b0226723_12264913.jpg

自分の行動に責任を持つ、最後までやり抜く、全力で取り組む
いつまでも忘れて欲しくない決意を披露してくれました。。

中学卒業時の決意「困難を避けないで決めた道を進んでいきたい」を思い起こしました。

いろいろ思い出に残る行事の数々、心には残るだろうけれど、
関わりのある学校が無くなってしまう

生徒諸君はどんな思いでこの行事を位置付けているんだろうか?

統合の方向性に生徒達の意志は反映されていたのでしょうか?

今更ですが、歴史が消えていくことに慣れてしまわないようにしたいですね。
人気ブログランキングに参加しています。人気ブログランキングへ←バナーをクリックして、応援して下さい。
by kangaeru_230 | 2012-02-10 12:48 | その他 | Comments(0)

「くらしの記憶と衣食住」(2/3)

上牧生涯学習センター(旧上牧小学校)で開催中の美濃市民俗資料展示会「くらしの記憶と衣食住」をのぞいてきました。

これは、教育委員会が行う民俗資料調査の一部を公開するものです。

一昔前の衣食住を振り返るというコンセプトのもと展示した「くらしの記憶と衣食住」では、装いを紹介する「衣」、道具の移行を紹介する「食」、昭和の部屋を再現した「住」など7つのコーナーが設けられ、会場には生活用具など約400点が展示されています。
b0226723_1292376.jpg

昭和初期の着物、明治~昭和初期の鉄でできたアイロン、昭和30年~40年代のタイプライターや昭和の部屋を再現するコーナーでは乳母車、火鉢、煙管(きせる)などが展示されています。
b0226723_12231564.jpg

平成23年には、美濃市民俗資料展「民具は癒す―古道具の世界―」(1/12~3/6)が開催され、今回は趣向を変えて「くらしの記憶と衣食住」と題しての展示です。
b0226723_12102036.jpg

またゲーム機「ファミリーコンピューター」で遊ぶ体験や実際に蓄音器でレコードを視聴するコーナーもあり、毎週土日には、体験コーナーが設けられ、大豆の石臼ひき体験、天秤棒を担ぐ体験、製縄機で縄を作る体験、千歯こきで脱穀体験を楽しむことができます。

2月29日まで開催され、開場は9:00から16:00までです。

その後地元のお年寄りとお会いする機会があって、「くらしの記憶と衣食住」の話しをしたら、こんなコメントを戴きました。

・着物には、生地の種類や産地(製造地)その特徴など説明する記述が無いのが惜しい

・時代背景を、お父さんの小学校の頃、おじいさんの子供の頃など、今の小学生に年代を理解しやすい補足説明があると良い

・係の方が展示品に関わるエピソード(思い出話など)を話して戴けると良い勉強になる

本当にその通りだと思いました。

展示することが本分ではないはずですね。

訪れた方々が、思い出として或いは社会勉強の一環として
どのように感じられたか、
どのように後生に生かされていくか など
見る人に伝える努力を前面に出せると尚良い企画になるだろうと思いました。
会期中に、一度訪れていただきたい催しです。




人気ブログランキングに参加しています。人気ブログランキングへ←バナーをクリックして、応援して下さい。
by kangaeru_230 | 2012-02-06 12:23 | その他 | Comments(0)

グループホームみのがみの杜(1/31)

高校の同級生から1通の手紙が届きました。
東京在住ですが美濃市片知の出身N君からでした。

私の地元上野に今春オープンするグループホーム「みのがみの杜」についての協力をクラスメートにお願いする手紙でした。

地元にできる初めての認知症対応型グループホームということで、昨年から地元説明会にも参加しており、また、議員になってからも起工式の招待を受けたりとそれなりに関わりを持ってきましたが、こうして改めて協力依頼の手紙をもらうとできる限りの応援をしたいと強く思いました。
b0226723_23423915.jpg
b0226723_2343993.jpg

幼なじみの3人が理事長、理事、建設業者とそれぞれの経験を生かした役割分担で地域への恩返しと位置付けて立ち上げた事業でN君は理事で参画しています。

3月には新築オープンの予定で工事は急ピッチで進んでいます。

現場を見せてもらいましたが、部屋も廊下も全て畳敷きで部屋も広く入居される方に十分配慮した施設であることを実感しました。

これからの福祉行政を考えていく上でも、この施設の運営などから学ぶ事は多いと思いますので、温かな目で見守っていきたいと思います。
人気ブログランキングに参加しています。人気ブログランキングへ←バナーをクリックして、応援して下さい。
by kangaeru_230 | 2012-02-01 00:01 | その他 | Comments(4)