<   2013年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

政務調査費不正取得疑惑(8/9)

また地方議員の政務調査費不正受給疑惑が報道されています。
b0226723_9315761.jpg

私たち地方議会議員は、
選挙において市民の皆様方に「議員としての活動できる事」をお願いし、ご支援を戴いた結果として議員活動をさせて戴いています。
議員活動に専念できるように、
議員報酬のほかに政務調査費(※)が認められているのですが、美濃市では政務調査費は廃止されています(かつては、月額5000円が支給されていました)

議員の活動の本質を論ずるとき、政務調査費は必要な経費であると考えます。
しかし、最大必要な限度として支給額が制定されているので、
活動の中で使わなかった不用額は返還すべきは、当然の義務です。
このことが理解できていない方には、議員としての資質は無いといえます。

逆に、政務調査費を必要としないとした美濃議会の真意を図りかねます。
額の多少では無く、政務調査費を存在させ、その使途を市民に公表することこそ、
議員活動を理解して戴くことにつながるのではないでしょうか。

「議員は何をやっているのかよう判らん」という声を耳にしますが、
選挙の時だけ声高にお願いしておきながら、
活動報告できる機会を自らつぶしている体質こそ批判されることだと思います。

議会活性化委員会を立ち上げ、議会改革を進める中で、
『議会基本条例をつくり、市民に議会を理解して戴き、開かれた議会を目指そう』
とする活動に取り組みを始めておきながら、
基本案ができあがっても、内容に目を通そうともせず、引き延ばしを続けていく体質。

しかも、市民には「現在行っている」ともっともらしい言い訳で、その場しのぎを続ける体質。

もう変えるべきでしょう!
市民がこのとこに気づき、必要な議員を見極めて選ぶ選挙!
次回の統一地方選挙まで一年半あまり。
自分の活動の基本を見つめ直し、しっかり評価して戴けるような活動を心がけたいと思います。

愛知県議の政務調査費疑惑の記事でしたが、
他人事で無く、これを美濃市に置き換えて、もう一度『議員とは』を考えてみたいものです。

※政務調査費とは、
地方議員の調査研究のため、地方自治法に基づき支給される費用。
愛知県議会では議員1人当たり月50万円。
調査のための旅費、政策立案の資料として新聞や本などの購入費、研修会や講演会への参加費のほか、調査研究を補助する秘書らの人件費が認められる。
毎年4月末までに領収書や給与の支払証明書などの写しを添付した収支報告書を議長に提出し、残った額は返還する。(中日新聞より)


人気ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
←バナーをクリックして、応援して下さい。

by kangaeru_230 | 2013-08-09 10:06 | その他 | Comments(0)

地域活性化に向けて(8/4)

上牧地区の鮎友の会の皆さんと上牧公民館が地元の子供たちのために
『アユのつかみ取り大会』を行いました。
b0226723_10134374.jpg

保育園児や小学生を対象に
・アユのつかみ取り(一人3匹、網ですくうのもあり・・・殆ど網ですくってました)
・ノートと色鉛筆
・花火セット
・カブトムシのつがい をプレゼンして戴きました。
b0226723_10182641.jpg
b0226723_10191081.jpg

みんな生き生きした顔を見せて、普段なかなか体験できない一時を過ごしていました。

子供さんが参加するイベントには、
ご両親はじめ、おじいちゃん、おばあちゃん、兄妹も参加するので大賑わいです。
漁協の方々も子供に負けないくらいの方に参加戴きました。

各公民館活動補助金として子供たちの為にという予算を有効活用して戴きました。
このような催しが3回程度開催できるくらいの予算なので、
これからどのような企画が実現できるか楽しみです。

地域の活性化には、
まず子供たちの集まりに大人が集い、そこから生まれる交流を育てていく。
一つの方向が見えてきたようです。
こうした事業が単発で終わらないように、しっかりフォローしていきたいと思います。

本日の中日新聞にも紹介して戴いています。
CCNのエリアトピックスでも紹介されると思います。
b0226723_10304348.jpg




人気ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
←バナーをクリックして、応援して下さい。

by kangaeru_230 | 2013-08-06 10:34 | その他 | Comments(0)

ガヤガヤ会の意見から(8/2)

先日参加した「保育園保護者会とのガヤガヤ会」でお母さんから出た意見の一つ。
「オークワの横にある公園の遊戯施設の設置場所が水溜まりになってしまう」
「幼児向けの設備ではないので使い勝手が悪い」 を伺いました。

昨年の会でもこのようなご意見を伺っており、
担当課には、常任委員会での意見として伝えてありましたが、
改善まで至っていないことと併せて、
7月30日に降雨の後だったので、現場確認に現地を訪れました。
b0226723_8121584.jpg

b0226723_813479.jpg

この場所は、開発区域の降雨時調整池としての機能が主目的であるため、
周りより掘り下げられており、区域内の排水が集められ、
下流の水路に排水できない水を一時的に溜めるように造られています。
溜まった水は時間経過とともに、排水されるように一番低いところに排水口があります。

遊具は、調整池の排水口が設けられている一番低い場所に設置されているのです。
従って、写真のように最後まで水溜まりができてしまいます。

水気が多いので、雑草は勿論、苔が発生して滑りやすくなる恐れもあります。
この写真を提示して、早急に改善を要望したいと思います。

このように、市内各所にある施設のいくつかは、
環境を十分調査しないままに、機能を生かせない場所に設置されているのです。

補正予算で、新しいものづくりを計画していくことも必要ですが、
現在ある施設・設備を十二分に活用し機能させるために手を加える事業も検討すべきと考えます。

早速、都市整備課に提言し、対応を検討してもらいます。
人気ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
←バナーをクリックして、応援して下さい。

by kangaeru_230 | 2013-08-02 08:36 | 活動報告 | Comments(0)