<   2016年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

久しぶりの研修(多摩住民自治研究所・議員の学校)

明日(2月12日)から一泊二日の日程で自己研鑽の研修に出かけます。
東京都立川市の多摩住民自治研究所が主催する「第24回議員の学校」です。
今回初めての参加ですが、多摩住民自治研究所の主催する研修参加は、
昨年11月の「よくわかる市町村財政分析講座」に続いて2回目となります。

この研究所の主催する講座は、
私にとって受け入れやすい環境で行われ、分かり易い講座だと肌で感じたので、
今年から会員登録もしました。
年間数回は上京する機会が増えますが、
自己研鑽の手段として活用していきたいと思っています。

今回の研修は、

世界と日本の情勢をつかみ、自治体・議会の役割を学び合う
~どうなる?どうする!地域と住民の暮らし~
・TPP「大筋合意」と地域づくりの戦略
  講師:中島信氏(徳島大学名誉教授 地域経済論)
・「1億総活躍社会」と新年度国家予算/地方財政
  講師:森裕之氏(立命館大学教授 地方財政・公共政策)
・シンポジウム/『介護難民』・国保の広域化とどう向き合うか
  コーディネーター:石川満氏(日本福祉大学教授 社会福祉学)
・住民生活の現実を見すえて 政策活動を進める
  講師:池上洋通氏(「議員の学校」学校長、自治体問題研究所理事)
定員70名で実施されます。

私は、グループワークでは「介護-自治体の取り組みを学び合う』に参加し、
美濃市が取り組んでいることやこれから取り組むべき課題等について意見交換し
学んできたいと考えています。
by kangaeru_230 | 2016-02-11 07:16 | 活動報告

2月が始まりました(2/1)

今月の顔は、1月30日に卒業試験に無事合格した時の写真です。
『財政に強い』と言われる議員を目指す
私の議員活動の一つのテーマでもありますが、
facebookで拝見した【大森会計塾・企業会計実践講座】に、心引かれるものを感じ、即日、申込みを行い第19期生として学ばせて戴きました。
予算書や決算書を読むとき、貸借対照表(B/S)や損益計算書(P/L)が全く理解できない状況からこれを読みこなせるようになりたいと予てから切望していた私にはまさに神風が吹いてきたと思いました。
記憶力の低下を実感しているこの年で新たな勉強しかも未経験分野の実務への挑戦でした。
ノートを新調し学んだことをその日のうちにまとめ、関連事項をネット検索し、何度も書いては覚える努力を重ね、第3講の初めて見る会社の損益計算書と貸借対照表から何を読み取るかという実習には、久しぶりのプレッシャーを感じました。
このとき、卒業生でお手伝いしてくださった川嶋さん、野原さんのアドバイスも大きな力になりました。川嶋さんには、卒業試験の前日でしたが、細心のご指導を戴き前向きに試験に臨むことができました。
卒業試験日は、早めに塾に到着し一番乗りの特権とも言える塾長との会話の中でリラックスでき試験を受けることができました。
合格を戴いたときには、自然に笑顔がでる喜びを感じました。
初心忘れるべからず
今後とも、何事にも前向きに精進していきたいと改めて誓った日になりました。
b0226723_714282.jpg

学習ノート 固定長期適合比率の項
by kangaeru_230 | 2016-02-01 07:15 | 活動報告