発言通告書(6/10)

議会では、一般質問する前に執行部(市長はじめとする役所の担当部署)に対して、
「こんな内容の質問をします」という質問概要(発言通告書)提出します。
この発言通告以外には、議場で質問することができない規則になっています。
一般質問の方法には
①一括方式と②一問一答方式があり、
 美濃市議会ではどちらでも質問議員が選択できるようになっていますので、
 発言通告書には質問方式も明記します。
①一括方式は、
 質問したい項目全てについて、一気に一方的に質問し、
 執行部はその一つ一つに対して、まとめて答弁を行います。
 代表質問は、一括質問になります。
②一問一答方式は、
 質問したいそれぞれの1項目毎に質問し、執行部はこれに答弁します。
 その答弁に対して更に質問(再質問)を投げかけ、執行部の答弁を得、
 議員の納得いくまで繰り返し質問(再々質問)を行い、
 答弁を得ることを続けることができます。

美濃市議会の今議会一般質問では、8名の議員全てが一問一答方式で行います。
今日の岐阜新聞にも紹介されていますが、
私は1番目に10時から登壇し、2件について質問します。
Ⅰ.市民わくわくふれあいセンターの今後の進め方について
 ①市民への周知は十分に出来ていると考えているか
 ②吉川土地区画整理事業との整合はどのようか
 ③今後のスケジュールはどのようか
3月末から4月末にかけて各ふれあいセンターの閲覧と美濃市ホームページにより、パブリックコメントとして市民のみなさんに意見を求める広報をし、7名から19件の意見が出されたことを受け、みなさんのご理解を得た上で進めるべき事業と考えることに加え、建設予定地の道路や敷地について吉川土地区画整理事業との整合の必要性、今後進めていく上で、総事業費の決定により将来負担する公債費(借金返済額)を明確にすべきなどについて質問します。
Ⅱ.蕨生田之洞地区太陽光発電施設の開発行為とその後について
 ①地元説明会協議事項の履行確認と対処はどのようか
 ②災害防止対策は十分か
 ③施設拡張をどのように考えるか
※蕨生田之洞に設置運転されている太陽光発電施設は、当初から申請区域外まで森林伐採し、地元説明会で地元に迷惑がかからないように約束して工事を進め、施設は完成して稼働しているが、未だに地主との約束が履行されていないところもあるという。伐採して掘り起こした木の根っ子も現地に集積してあり、集中豪雨などがあれば流出する危険もあることを踏まえ、現状の安全面を市当局に正すと共に、今後施設拡張を断じて許さないために議会で公式の見解を質問します。
# by kangaeru_230 | 2016-06-10 09:54 | 議会報告 | Comments(0)

6月の顔(6/1)

今日から6月です。
清流長良川の支流板取川を含めた長良川中央漁協の漁場では「鮎の友釣り」解禁日です。
昨夜からの待機組を含め、早朝から多くの太公望が清流に棹さしています。
今月は、第3回美濃市議会定例会が3日に開会し、15日に一般質問、16日から総務産業建設常任委員会(傍聴)、民生教育常任委員会と続き、21日の本会議を持って閉会という日程で進められます。
3日の発言通告書提出を前に、質問の流れを考えながら発言通告書を作成しています。
今議会から、同じ発言通告の項目であっても一般質問が可能になり、発言順番も代表質問を除き、届出順で行うなど、議会運営の申し合わせ事項にも少し改革が実現できています。
5月の顔は、連休始まりで娘たち3家族が総勢13名で集合するという民宿状態になり、変更することができませんでした(言い訳です)
6月の顔は、ツアーオブジャパンに参加した後の日焼け顔です。
今月も、議員活動がんばっていきたいと思います。
和紙の里大橋から板取川解禁日風景
b0226723_948775.jpg

b0226723_9482480.jpg

# by kangaeru_230 | 2016-06-01 09:50 | 活動報告 | Comments(0)

今日から新年度(4/1)

平成28年度が始まりました。
恒例としている月初めの顔写真の更新も行いました。
毎朝、中日新聞と岐阜新聞に目を通して、地域情報の把握に心がけていますが、今月の写真はこの新聞に目を通しているところを孫のあこちゃんに撮ってもらい採用しました。
3月定例会も終わり、新年度予算も可決し、いよいよ事業実施に向けてスタートしました。
先日開催された岐阜県身体障害者福祉協会美濃市支部代議員総会で美濃市支部長に承認戴き、これからの2年間障害者の皆さんのお役に立てるように精進することを決意しました。
心新たに臨む新年度ですが、行政の監視役として特に財政面のチェックを心がけ、事業実施においては、市民の思いに応えられているかどうかの検証を常に念頭におきながら、活動を進めてまいります。
今年度も、どうぞよろしくお願いします!
b0226723_9132249.jpg

# by kangaeru_230 | 2016-04-01 09:13 | 活動報告 | Comments(0)

今日から3月(3/1)

毎月1日に現在の顔写真に変えるという友人との約束から4回目になります。
今月の顔は、長女の孫(私にとって初孫)が中学受験に合格し、
家族と一緒にお祝いしたとき撮った記念写真の笑顔です。
明日開会する平成28年第1回定例会を控え、取り敢えず顔写真を変更しました。
月初めは、公式ホームページのスケジュールの変更も重なるので、
今夜はもう少しがんばることになります。
3月は、定例議会の開催と共に、卒業式、卒園式や各地区の年度末行事も多く
心身ともに疲労の度合いが多くなりますが、
どんな場面でも、形式的な出席や挨拶にならないように心を込めて臨みます。
いろいろな所でお目にかかることもあると思いますが、
気楽にお声がけを戴ければ、大変嬉しいです。
今月も、どうぞよろしくお願いします。
# by kangaeru_230 | 2016-03-01 00:38 | 活動報告 | Comments(0)

久しぶりの研修(多摩住民自治研究所・議員の学校)

明日(2月12日)から一泊二日の日程で自己研鑽の研修に出かけます。
東京都立川市の多摩住民自治研究所が主催する「第24回議員の学校」です。
今回初めての参加ですが、多摩住民自治研究所の主催する研修参加は、
昨年11月の「よくわかる市町村財政分析講座」に続いて2回目となります。

この研究所の主催する講座は、
私にとって受け入れやすい環境で行われ、分かり易い講座だと肌で感じたので、
今年から会員登録もしました。
年間数回は上京する機会が増えますが、
自己研鑽の手段として活用していきたいと思っています。

今回の研修は、

世界と日本の情勢をつかみ、自治体・議会の役割を学び合う
~どうなる?どうする!地域と住民の暮らし~
・TPP「大筋合意」と地域づくりの戦略
  講師:中島信氏(徳島大学名誉教授 地域経済論)
・「1億総活躍社会」と新年度国家予算/地方財政
  講師:森裕之氏(立命館大学教授 地方財政・公共政策)
・シンポジウム/『介護難民』・国保の広域化とどう向き合うか
  コーディネーター:石川満氏(日本福祉大学教授 社会福祉学)
・住民生活の現実を見すえて 政策活動を進める
  講師:池上洋通氏(「議員の学校」学校長、自治体問題研究所理事)
定員70名で実施されます。

私は、グループワークでは「介護-自治体の取り組みを学び合う』に参加し、
美濃市が取り組んでいることやこれから取り組むべき課題等について意見交換し
学んできたいと考えています。
# by kangaeru_230 | 2016-02-11 07:16 | 活動報告 | Comments(0)