地元企業の見学(12/15)

地元、上牧地区の企業 丸重製紙の工場見学に参加しました。
facebookのコンタクトからの参加でしたが、見学会の主宰者K一君は、娘の同級生でもあり、親しく話せる若手の一人でもあり、機械漉き紙でありながらいろいろ工夫を凝らし、弟と和紙ブラザーズを名乗って頑張っているので、応援の意味合いもあって参加しました。
私の父親も晩年まで手漉き和紙職人でしたので、中学、高校の頃には製造工程の一部に手伝いということで参加していた頃を思い出しながらの見学でした。
落水紙という紙の製造工程の現場を見ながら、漉きあがった紙の見本や原材料を目の当たりにしながらの説明で、あっという間に予定の一時間が終わってしまいました。
紙漉工場内の状況です。紙が漉かれる(手漉きでコテを揺り動かす)工程です。
b0226723_1124965.jpg

見づらいですが、霧吹き状の水が見えるでしょうか?これが紙の上に水滴となって穴を開けたような紋様を作り出す仕掛けです。
b0226723_1135214.jpg

水滴が落ちた紙の上面からフエルトを当てて裏返した状態で乾燥の工程に進みます。
b0226723_1143451.jpg

乾燥した紙がロール状に巻き取られていきます。
b0226723_110571.jpg

詳しくは、機械で和紙をつくる工程の動画でご覧下さい。
丸重製紙のホームページ
http://marujyu-mino.com/
http://www.facebook.com/marujyu.mino

人気ブログランキングに参加しています。人気ブログランキングへ←バナーをクリックして、応援して下さい。
by kangaeru_230 | 2011-12-17 11:23 | その他
<< 美濃市農業振興地域整備促進協議... 第6回定例会閉会(12/14) >>