立志の集い(2/10)

美濃北中学校最後の「立志の集い」が行われました。

先生方をはじめ、1年生、3年生、ご父兄の方々の見守る中、
2年生27名一人一人が自分の日頃を思い起こし、
これからの生き方をしたためた「書」の額を披露しながら、「決意の言葉」を述べる、
いわゆる元服にちなんだ行事です。

4月には統合される美濃北中にとって、最後になる立志の集いでした。
b0226723_12221271.jpg

b0226723_1222478.jpg

b0226723_12231363.jpg

見守る方々
b0226723_12264913.jpg

自分の行動に責任を持つ、最後までやり抜く、全力で取り組む
いつまでも忘れて欲しくない決意を披露してくれました。。

中学卒業時の決意「困難を避けないで決めた道を進んでいきたい」を思い起こしました。

いろいろ思い出に残る行事の数々、心には残るだろうけれど、
関わりのある学校が無くなってしまう

生徒諸君はどんな思いでこの行事を位置付けているんだろうか?

統合の方向性に生徒達の意志は反映されていたのでしょうか?

今更ですが、歴史が消えていくことに慣れてしまわないようにしたいですね。
人気ブログランキングに参加しています。人気ブログランキングへ←バナーをクリックして、応援して下さい。
by kangaeru_230 | 2012-02-10 12:48 | その他
<< 初午(2/12) 「くらしの記憶と衣食住」(2/3) >>