初午(2/12)

地元のお祭り「初午」がありました。
稲荷神社のお祭りで、組の人が総出で準備から始まり、祭礼、片付けまで1日で済ませます。

普段は人気のない山の中の神社ですが、一年に一度だけ大勢の人で賑わいます。
b0226723_1239324.jpg

神官さまの祝詞奏上から祭りが始まり、なおらいでは御神酒を酌み交わしながら焼き肉などで盛り上がり、老若男女が親交を深めながら地域のことを語り合います。
b0226723_1240991.jpg

御供えには、御神酒をはじめ、おにぎり、お寿司、子供向けのお菓子は沢山献上いただきます。
地域の子供は勿論ですが、この地域で育った娘さん達が里帰りをかねてお孫さんを連れて、御供えのお菓子を戴いていかれます。
b0226723_1240436.jpg

私の孫も帰ってきてくれ、当分お菓子を買わないでいいと喜んでいました。

伝統のある行事が簡素化や廃止されていく時代ですが、何とか食い止めなければいけないと思います。
身近な話題を共有できるにはこうした世代を超えた多くの人が集まることがとても大切だと思います。

他の地区でも同じような祭りがあり、顔を出させて戴きました。
近況の報告をさせて戴く機会も戴き、とても有意義に過ごせた一日でもありました。

人気ブログランキングに参加しています。人気ブログランキングへ←バナーをクリックして、応援して下さい。
by kangaeru_230 | 2012-02-13 12:47 | その他
<< 障がい者相談員中濃圏域ブロック... 立志の集い(2/10) >>